千の風になって (秋川雅史)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
声楽を専攻する歌手としては稀となる、マキシシングルでの発売。自身初のシングル作品でもある。
発売以降知る人ぞ知る曲としてじわじわと人気を高めていた。2006年末にNHKの『第57回NHK紅白歌合戦』への出場が内定し、大きな注目を浴びることとなるが、この時点でも楽曲や秋川自身の認知度は低いものであった。
紅白出場内定後、急激にオリコンチャートを駆け上がり、紅白放送前の2007年1月1日付(2006年12月27日発表)で31位まで浮上。紅白では歌唱前にSMAPの木村拓哉が朗読したこともあり、年明け後の翌々週(オリコンチャートでは年始2週を合算週とし、2週分の集計を年始2週目に発表している)には4位を記録し、同年1月22日付のオリコンシングルチャートで1位を獲得した。
この映像は去年7月頃の番組ですが今年再撮りにて・いい音に(訳があって)・06年紅白からですから去年は大ヒットしたそうですね。
08年NEW動画・音に・再撮り〜

この上の資料は07年7月頃のものです

秋川さんの「千の風になって」動画にて