「スーダラ伝説」V2動画特集は07年12月にほとんどできたけど〜あとはいつ?
〜「スーダラ伝説」植木さんおつかれ〜

PCmasaTOPへ

植木等さんの父親である徹誠(てつじょう)は、かつて徹之助と名乗っており、若い頃はキリスト教徒であった。後に浄土真宗 大谷派常念寺の住職となる。被差別部落出身ではないが「自分は部落民ではないと思う事が、すでに相手を差別して いることだ」と述べて、水平運動に参加した。治安維持法違反の罪にとわれて投獄をされても積極的に反差別と反戦 を貫いて運動をした[2]。等の名前は、この社会運動家の顔も持っていた父が「平等」にちなんで名づけた。少年時代 の等は、投獄された父に代わって僧衣を纏い檀家を回るという生活を送っている。その経験もあってか、1993年にハ ナ肇が亡くなった時、その葬儀において自ら読経した。webより

学生時代は陸上選手で、高校時代には100mを11秒で走り、大学時代には関東インカレにも出場、東洋大学陸上部の名 誉顧問も務めていた。
この情報には、びっくり。webより
ジャチント・シェルシとのコラボレーションで知られる平山美智子のレッスンで正式に声楽の発声を学び、よく通る声と個性的な声色はここから来ている。色悪とも評される鼻筋の通った容姿と、陸上競技で鍛えた卓越した運動神経 ・リズム感覚に加えて、歌唱力が彼の大きな武器であった。1990年にリバイバルシングルがオリコンベスト10入りを 果たしたが、還暦を過ぎてのベスト10にランクインしたのは植木のみである。また、最初ギターを持ち始めた頃は全く出来なかったため教則本で必死に練習したことが功を奏して、渡されたばか りであってもどんな楽譜も読む技術があった(当時のジャズギタリストには楽譜を読めない人も多かった)。さらに 左肘でリズムを取ったり、演奏コントで谷啓にトロンボーンで小突かれ張り倒されながらもギターを弾き続けるほど の技術を持ったギタリストとなった。
webよりいろいろ知らない情報があるね。植木さんは私の親父の時代です。お坊さんなんだよね。







植木さんの特集も07年暮れに8割に〜あとはどうしたのかね〜途中でスタンバイに〜
「動画特集14本完成!!」あと2つが・・
2007年3月27日、呼吸不全の為東京都内の病院 で80年の生涯を閉じた。遺作は映画『舞妓Haaaan!!!』の通行人役となった。葬儀は植木の遺志で身内だけの密葬とし て執り行われ、クレージーキャッツの一員だった谷啓、犬塚弘、桜井センリや植木の付き人を経てコメディアンになった小松政夫も参列した。植木の訃報はスポーツ紙全紙が1面で大きく掲載し、テレビではNHKが芸能人の訃報として は異例の速報で伝えるなど、石原裕次郎、坂本九、美空ひばり、渥美清らと並ぶ、昭和を象徴するトップスターであ ることを位置づけた。また植木の死を悼み、テレビ各局は追悼特番を組んだ。TBSは4月1日19:00〜20:54に徳光和夫と 、植木の事務所後輩である恵俊彰、中山秀征の司会で追悼特番を放送。他にも4月6日の『徹子の部屋』、4月8日「い つみても波瀾万丈」、NHK教育テレビ「植木等さんを偲んで」などで追悼番組が放送された。 from webより
 

こちらは絵のページです

 
 
スーダラ伝説その1 番組のトップです
スーダラ伝説その2  少年時代のお話
スーダラ伝説その3 ジャズマン! 
スーダラ伝説その4 クレージー・キャッツへ 
スーダラ伝説その5  一応、絵はここまで
 
植木さんの新聞からの記事を。植木さんの本当の姿のこととか。青島さんの葬式の時のこととか。いろいろ。実は「スーダラ伝説」の歌は悩んだあげくに歌った・・・「国民栄誉賞」が。