〜「スーダラ伝説」植木さんおつかれ〜
この人、誰かご存じかな。あの「ハナ肇 」さんです
1960年代に一世を風靡したコミックバンド。「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ)「おとなの漫画」(フジテレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発。映画にも進出し、クレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなった。映画の挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒット。しかし次第に植木・ハナ・谷らの主要メンバー個人での活動が多くなり、石橋エータローが1971年に脱退したころにはめっきりグループで活動する機会が減ってしまった。1980年代以降は、コメディアンというよりは各人俳優としての性格が濃くなり、実質的な解散状態になった。その後も幾度かグループで出演したこともあるが、1993年9月のハナ肇の死去により、正式な解散宣言が植木等より出された。この宣言は翌日には撤回されているが、その植木も2007年には他界してしまい、現在でも生存しているメンバーは谷、犬塚、桜井の三人のみである
webより
かっこいいよね。これじゃ、もてるね
萩原 哲晶(はぎわら ひろあき、1925年5月26日-1983年1月13日)は、日本の作曲家。東京芸術大学卒業。1955年4月1日、ハナ肇、犬塚弘らとともに、クレージーキャッツの前身キューバンキャッツ結成、後に作曲に専念するため脱 退。「スーダラ節」などクレージーキャッツの曲のほとんどを作曲・編曲した。また、前田武彦が作詞したエイトマンの主題歌を作曲した。愛称は「デクさん」。なお、よく名前を「荻原哲昌」と誤表記され、「スーダラ節」のレコードでも「荻原哲昌」と間違った名前で表記されている。
webより
ページのトップへ
ジャズマンとしての植木さん