岩谷 時子(いわたに ときこ、1916年(大正5年)3月28日 - )は、作詞家、越路吹雪のマネージャー。越路の死後は作詞・訳詞に専念している。

[編集] 越路吹雪と歩んだ半生
1916年京城(現在のソウル特別市)生まれ。1939年神戸女学院大学部英文科卒業後、宝塚歌劇団に就職。出版部で月刊誌『歌劇』の編集長を務めた。
そうした中、偶然編集部にやってきた当時15歳の越路吹雪と出会う。二人は意気投合し、越路の相談相手となる。
越路が宝塚を退団して歌手になりたいと相談したとき、ともに退団することを決意。上京し、越路の付き人を務める。
1951年から1963年までは東宝文芸部に所属。会社員として働く傍らも越路をサポートし、越路が死去するまでの約30年間、マネージャーとして強い信頼関係で支え続けた。しかし、あくまで「越路が好きだから支えていた」という岩谷は、越路が亡くなるまでマネジメント料としての報酬は1円も受け取らなかった。(※第29回菊田一夫演劇賞授賞式において、岩谷時子を演じた高畑淳子が証言)

[編集] 作詞家として
マネージャーとして活動する一方で、越路が歌うシャンソンの訳詞を手掛けたのきっかけとして作詞家・訳詞家としても歩み始める。ザ・ピーナッツ『恋のバカンス』や加山雄三『君といつまでも』、ピンキーとキラーズ『恋の季節』など数多くのヒット曲を生み出してきた。美しく、わかりやすい日本語の言葉選びに定評がある。
一方、オリジナルの詞にとらわれず独自の解釈で詞を当てることもある。例としては、エディット・ピアフが歌った「愛の讃歌」は元の歌詞が「愛のためなら盗みでもなんでもする」という背徳的な内容であるのに対し、岩谷訳詩では一途な愛を貫くという賛歌となっている。美輪明宏が岩谷時子にそのことを訊ねたエピソードがNHK人間講座「美輪明宏愛と美の法則(2005年3月21日)」で放映された。

[編集] 近況
ミュージカル『ミス・サイゴン』の訳詞を手がけたことがきっかけで、同作品に主演した本田美奈子と親交を深める。本田の才能を「越路の再来」と高く評価し、数多く詞を提供した。偶然にも、本田が死去する直前、足をケガして本田と同じ病院に入院。ボイスレコーダーを通して、当時無菌室に入っていた本田を激励した。
仕事場として帝国ホテルの一室を利用している。
岩谷さんってすごい方だったなんて今頃知りました(最近NHKBSで岩谷さんの特集があったんです)それを見るまで・岩谷さんが宝塚に就職していた・・・後にあの「越路吹雪」さんのマネージャーをしていたなんて、まったく知りませんでした。う〜ん、そうなのかと。今91歳でまだお元気だそうです。宮川さんも岩谷さんがいなかったらどうなっていたでしょうかね。岩谷さんの作詞の歌の数々・さまざまな方へ書いてますね〜
[編集] 作詞(歌謡曲)
『ふりむかないで』(ザ・ピーナッツ、Wink、松雪泰子)(作曲は宮川泰)
『恋のバカンス』(ザ・ピーナッツ、W)(作曲は宮川泰)
『ジューン・ブライド』(ザ・ピーナッツ)(作曲は宮川泰)
『ウナ・セラ・ディ東京』(ザ・ピーナッツ、和田弘とマヒナスターズ、西田佐知子)(作曲は宮川泰)
『あの人に逢ったら』(西田佐知子、作曲は宮川泰)
『貴様と俺』(布施明、作曲はいずみたく)
『これが青春だ』(布施明、作曲はいずみたく)
『逢いたくて逢いたくて』(園まり)(作曲は宮川泰)
『お嫁さん』(梓みちよ)(作曲は宮川泰)
『ともしびを高くかかげて』(合唱曲)(作曲は冨田勲)
『旅人よ』(加山雄三・井上陽水、作曲は弾厚作)
『おまえに』(フランク永井、作曲は吉田正)
『君といつまでも』(加山雄三、作曲は弾厚作)
『お嫁においで』(加山雄三、作曲は弾厚作)
『恋の季節』(ピンキーとキラーズ、作曲はいずみたく)
『ほんきかしら』(島倉千代子、作曲は土田啓四郎)
『いいじゃないの幸せならば』(佐良直美、作曲はいずみたく)
『美しきチャレンジャー』(新藤恵美、作曲は筒美京平)
『男の子女の子』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『小さな体験』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『愛への出発』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『裸のビーナス』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『モナリザの秘密』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『花とみつばち』(郷ひろみ、作曲は筒美京平)
『哀しみの黒い瞳』(郷ひろみ、作詞・作曲:J.Iglesias,R.Arcusa 岩谷時子は日本語訳)
『つばさ』(本田美奈子、作曲は太田美知彦)

[編集] 作詞(アニメ・その他)
『サインはV』(作曲は三沢郷)
『ふしぎなメルモ』(作曲は宇野誠一郎)
『ミラクル少女リミットちゃん』(作曲は菊池俊輔)
『宝島』(作曲は羽田健太郎)
『草原の少女ローラ』(作曲は川口真)
自由民主党党歌『われら』(作曲:山本直純)。

[編集] 訳詞
『愛の讃歌』(越路吹雪)
『サン・トワ・マミー』(越路吹雪)
『ラストダンスは私に』(越路吹雪)
『夢の中に君がいる』(越路吹雪)
『ある愛の詩』(越路吹雪)
『夢見るシャンソン人形』(フランス・ギャル 自身が日本語で歌った)
『王様と私』(ミュージカル)
『ウエストサイド物語』(ミュージカル)
『ジーザス・クライスト=スーパースター』(ミュージカル)
『スーツケースを抱いて』(ミュージカル『エビータ』)
『レ・ミゼラブル』(ミュージカル)
『ミス・サイゴン』(ミュージカル)
『キス・ミー・ケイト』(ミュージカル)
『アメイジング・グレイス』(本田美奈子.)
『ミュージカルアンデルセン』(ミュージカル)
『ミュージカル赤毛のアン』(ミュージカル)
この「ふりむかないで」も宮川さんとの名コンビの始まりの曲ではないでしょうか〜このBGMの歌ピーナッツの初期の「ふりむかないで」です
BACK
「歌伝説・ザ・ピーナッツの世界」V3動画特集
こちらは作詞家の「岩谷時子」さんのいろいろを〜